ホーム > 介護保険施設以外の施設 > 介護保険施設以外の施設の種類

介護保険施設以外の施設の種類

軽費老人ホーム

【養護老人ホーム】
入居対象 経済的に問題があり独りで暮らしていくことが難しいが、身体や精神の機能が大きく衰えてはいない65才以上の高齢者を対象とした施設
入所 ほとんどが市町村営であるため、入所措置は市町村が決定する。
一部屋数人で生活する

軽費老人ホーム

・低額な料金で高齢者 (場合によっては高齢者夫婦) に住居を提供する老人福祉の施設で、A型・B型・C型(ケアハウス)の3種類がある。
・利用者は60才以上か、夫婦のどちらか一方が60才以上であることとされており、すべて個室とされている。
・事務費コストは、利用希望者の年収により異なるが、毎日の食費等生活費については本人負担となる。
社会福祉法人等が運営。

【軽費老人ホームA型】
入居対象 身寄りがないか、家庭の事情等で家族と同居できないなど家庭環境や住宅事情等により、自宅で生活することが困難な低所得の方(利用者の資産等が基本利用料の2倍以下)で、高齢者を対象。
入所 低額な料金で、給食その他、日常生活に必要なサービスを供与することが目的
【軽費老人ホームB型】
入居対象 家庭環境や住宅事情等の理由などで居宅において生活することが困難であるが、自炊できる程度の健康状態の高齢者を対象
入所 自炊が原則である
【軽費老人ホームC型(ケアハウス)】
入居対象 自炊ができない程度の身体機能の低下等が認められる、又は独立して生活するには高齢のために不安が認められるが、家族による援助を受けることが困難な高齢者
入所 ・食事の提供その他日常生活上必要なサービスを受けることができる。
・介護保険では居宅とみなされるため、介護や支援が必要になった場合には、介護保険サービス(外部からの訪問介護(ホームヘルプサービス)など)の利用も可能

関連記事

有料老人ホームの種類
形態や提供されるサービスによる有料老人ホームの3つのタイプ。 【住宅型有料老人ホ...
介護保険施設以外の施設の種類
軽費老人ホーム 【養護老人ホーム】 入居対象 経済的に問題があり独りで暮らして...
介護保険施設以外の施設について
介護保険施設以外の施設としては「養護老人ホーム」「軽費老人ホームA型」「軽費老人...