ホーム > 介護保険施設 > 介護保険施設について

介護保険施設について

介護保険施設とは、介護保険で被保険者である利用者にサービスを提供できる施設をいいます。

介護保険施設というと一般的にはそこで短期間の宿泊または長期で生活する施設を指し、介護老人保健施設のほかに、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設があり、その設置根拠や医療の給付、利用対象者、設備等の基準や人員の基準などによって分かれています。

ここで介護保険施設を利用したい場合に最も気になるのが各施設の利用対象者ではないでしょうか。

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設は、在宅に復帰させる事を目的とした施設です。

利用対象者は、「要介護」と認定された65才以上の高齢者で、病状がほぼ安定期にあり入院治療をする必要はないが、家庭で自立して生活するには不安や問題をかかえてリハビリテーションや看護・介護を必要とする方です。

 必要な介護認定 要介護 1・2・3・4・5

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設は、可能な限り在宅復帰できることを念頭に、日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供する施設です。

介護老人福祉施設は、要支援1・2の人は利用できませんが、新たに入所する場合も 「要介護」と認定された65才以上の高齢者であっても要介護1・2の人もやむを得ない理由がある場合以外は利用できません。
また、身体・精神上の著しい障害があり常時介護が必要で在宅生活が困難な方を対象としていますが、福祉型の施設のため常に医師の手当てを必要とする方は入所できません。

 必要な介護認定 要介護 1※・2※・3・4・5

※新たに入所する場合、要介護1・2の人もやむを得ない理由がある場合以外は利用できません。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、長期にわたって療養が必要な方の入所を受け入れ、入所者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、機能訓練や必要な医療、介護などを提供する施設です。

カテーテルを装着している等の常に医師の手当てを必要とする常時医療管理が必要で病状が安定期にある要介護者を対象としているのが「介護療養型医療施設」となります。

 必要な介護認定 要介護 1・2・3・4・5

特定施設入居者生活介護を受ける際の指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホーム

特定施設入居者生活介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるように、指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホームなどが提供しています。

また、有料老人ホームなどでは、の外部の指定訪問介護サービスの事業者と連携してサービスを提供する方法を取ている場合も多くあります。

 必要な介護認定 要支援 1・2
 要介護 1・2・3・4・5