介護施設の種類

介護施設の種類は大まかに分けて、介護保険で被保険者である利用者にサービスを提供できる施設(介護保険が使える施設)である「介護保険施設」と、介護保険とは関係のない施設とに分けることが出来ます。

介護保険が使える施設も在宅介護型施設と入所介護型施設に分かれています。
在宅介護型施設としては、「訪問看護ステーション」「通所介護(デイサービスセンター)」「通所リハビリテーション(デイケアセンター)」「短期入所療養介護(ショートケア)」「短期入所生活介護(ショートステイ)」があります。
入所介護型施設としては、「グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」「介護老人保健施設(老健施設)」「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」そして「介護療養型医療施設」があります。

介護保険が使えない入所施設としては「養護老人ホーム」「軽費老人ホームA型」「軽費老人ホームB型」「軽費老人ホームC型(ケアハウス)」「有料老人ホーム(民間)」等があります。
有料老人ホーム(民間)は、介護施設のなかでも、民間事業者が運営・経営している施設で、「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」等があります。

このように様々な種類が介護施設にはありますが、もちろん各施設によって入るための基準があります。

介護施設の種類の詳細

介護保険施設

介護保険施設とは、介護保険で被保険者である利用者にサービスを提供できる施設をいいます。
介護保険施設は、介護老人保健施設のほかに、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設があり、その設置根拠や医療の給付、利用対象者、設備等の基準や人員の基準などによって分かれています。

ここで介護保険施設を利用したい場合に最も気になるのが各施設の利用対象者ではないでしょうか。
介護老人保健施設は、在宅に復帰させる事を目的とした施設です。
利用対象者は、「要介護」と認定された65才以上の高齢者で、病状がほぼ安定期にあり入院治療をする必要はないが、家庭で自立して生活するには不安や問題をかかえてリハビリテーションや看護・介護を必要とする方です。

介護老人福祉施設は、「要介護」と認定された65才以上の高齢者で、身体・精神上の著しい障害があり常時介護が必要で在宅生活が困難な方を対象としていますが、福祉型の施設のため常に医師の手当てを必要とする方は入所できません。
カテーテルを装着している等の常に医師の手当てを必要とする常時医療管理が必要で病状が安定期にある要介護者を対象としているのが「介護療養型医療施設」となります。

介護保険施設の詳細

介護保険施設以外の施設

介護保険施設以外の施設としては「養護老人ホーム」「軽費老人ホームA型」「軽費老人ホームB型」「軽費老人ホームC型(ケアハウス)」「有料老人ホーム(民間)」等があります。
有料老人ホーム(民間)は、介護施設のなかでも、民間事業者が運営・経営している施設で、「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」等があります。

介護保険施設以外の施設の詳細

【一言コラム】
高齢者の方の場合、たばこを好きな方も結構いらっしゃいます。しかし肺の事や火の始末の事などで禁煙されている方も多いようです。電子タバコといった火を使わないものも最近はあります。この場合、電子タバコのカートリッジを交換・バッテリーの充電をして使い続ける事が出来ます。 多少吸う力がいるようですから、たばこを吸っている気分と肺の機能回復に少しは役立つ…かな?